走行距離はどのくらいまで?

車を売るときに最も重要視するものに1つに走行距離というものがあります。
もちろん、少なければ少ないほど車の価値は高くなることでしょう。そのほかにも年式や人気車種かどうかも重要ですが、走行距離はかなり査定金額に影響するのは間違いない事実でしょう。

 

ここで逆に、購入する側の立場になって走行距離について考えてみると分かりやすいかもしれません。ちなみに欲しい車種があるけれども、価格が高いということであれば、走行距離が16万キロくらいいってるものであればかなり安くなってるはずです。

 

わたしの知り合いも、家族で乗れる車が欲しかったらしく・その条件で安い車を探した結果、17万キロの車を30万円で購入していました。

 

ただし一般的な視点から見ると、10万キロというのが1つの基準になるそうです。なぜなら10万キロを超えると、車の価値が極端に下がると考えている人が多いようなのです。その根底には、車の修理などがあります。

 

どんなに安く車を購入したとしても、とある部分が故障すれば数万円などすぐに飛んでいきます。外車の場合はもっとお金がかかります。わたしも車をもっていて疑問に思うことは、日々のメンテナンスなどに結構お金がかかるということです。ちなみにタイヤが1つパンクして、同じ高さのタイヤの在庫が1つしかなく・3万円以上かかった経験があります。

 

そのほかには、軽いへこみも2・3万かかるケースもありますし、どこかの部品が壊れても数万円かかることはよくあります。ということで、10万キロ以上走行距離があるということは、長く乗っているということになりますので、そういう故障が起こる可能性が高いということにつながります。

 

ただし実際のところは、10万キロを超えていても大丈夫な車は多いとのことです。欧州に目を向けてみると、10万キロというのは結構新しい方で、30万キロなんて車も珍しくはないそうです。

 

ここでもう少し詳しく見ていくと、走行距離もそうですが、年数で劣化してしまう部品と距離で劣化してしまう部品(タイミングベルトなど)を考えることで、メンテナンスをうまくすればより長く乗れるということになります。

 

ということですので、走行距離をあまり気にしないで車を選ぶことで、掘り出し物の車が見つけやすくなるかもしれませんね。