車検と査定金額の関係は?

車を中古車買取業者に売却する場合、多くの人が気にするのが車検です。車検切れになっている車や残り月数が少ない車は査定の際に不利になってしまうのではないかと思う人がほとんどでしょう。

 

実際のところどうなのでしょうか。

 

事故や故障が原因で長期間運転していない場合には車検が切れてしまっていることもあります。そうでなくても車検切れが迫っている時期に売却するケースは少なくありません。この車検の状況が査定金額を左右することはあるのでしょうか。

 

結論から言えば、中古車買取業者に売却する際には、車検の有無は気にする必要はないとされています。確かに、車検の残り月数が多い方が、少なかったり車検切れしていたりするよりも車査定が有利になります。ただ、それが結果に大きな差をもたらすのは、車検が1年以上残っている場合のみ。数ヶ月程度ならほとんど違いはありません。

 

少しでも車査定を有利にしようと、改めて車検を行ってから売却しても、車検にかかった費用以上のプラス評価を得ることは絶対にないといえるのです。

 

意外なように思えますが、よく考えればすぐに納得できます。中古車は買い取られてから、すぐに次の買い手が見つかるわけではありません。店舗で売りに出されている間に車検の残り期間が少なくなっていくわけです。車検の残り月数が多い段階で引き取っても、実際に売れる頃にはほとんど残っていないというケースも少なくありません。

 

それを考えれば、車検の残り月数を査定の基準にしても、業者にとってほとんどメリットはないのです。

 

中古車買取業者は、個人で行うよりもずっと安い価格で車検を通すことが可能です。自社工場、あるいは提携先の工場で行うことで費用を抑えることができるからです。

 

この点も、車検の有無が査定にほとんど影響されない理由です。逆に言えば車検が切れた車でも、何の問題もなく売却できることになります。気にせず業者に問い合わせてみましょう。ただし、運転して業者に持ち込むことができない点だけは注意が必要です。