同じ車種でも車査定が異なる?

車査定が難しいところは、業者によって査定金額が異なるほか、同じ車種でも金額に差が出てくること。ネットなどで同じ車種の買取金額を確認した上で車査定を利用したところ、想定していたよりもずっと低い金額が提示されてガッカリしたという経験をお持ちの人も多いのではないでしょうか。

 

中古車市場は需要と供給のバランスによってなりたっていますから、同じ車種をだしたとしても毎回同じ結果になるとは限らないのです。それこそ驚くような理由で価格が上がったり、下がったりする場合もあります。

 

同じ車種でも査定金額が異なるケースとしてもっともわかりやすいのは、やはり走行距離でしょう。

 

長いほうが使い込んでおり、消耗・損耗が激しいため価格が安くなります。これは誰でも理解できるものです。それから年式。古いほうがやはり価格が安くなります。消耗・損耗はもちろんですが、デザインや耐久性などの面でも新しいタイプに比べて劣る傾向があるからです。

 

年式と走行距離の関係はは、わかりやすいので納得がいきます。それ以外にも重要な基準となる要素があります。その代表格がカラーになります。カラーによって査定金額が驚くほど違ってくることがあるのです。人気のあるカラー、ないカラーがあり、それが需要と供給のバランスに直接影響するわけです。

 

難しいのは、車のタイプによって人気が出るカラーが異なってくること。たとえば高級車は、レッドやブラックに人気が集まる傾向があります。風格や重厚さといった点から似つかわしいカラーと判断されるからでしょう。スポーツカーではブルーが人気の定番で、こちらはスポーティーな印象があるからでしょう。そして、軽自動車ではオレンジやピンク、イエローといった明るい色合いが好まれます。軽自動車のオシャレで軽快なイメージが、女性ににあっているといった理由からでしょう。

 

流行が左右する要素も多く、ドラマや映画などで人気を集めたカラーが人気を集めることもあります。経済事情も含めた社会の風潮に似つかわしい色が好まれることもあります。車査定を利用する場合には、自分の車のカラーが現在どれだけ求められ、人気があるのかを確認しておくといいでしょう。

 

実際に車査定をしてもらいました⇒ガリバーの査定は無料