車買取と下取りの違いについて

新しく車を買い換える場合、これまで乗っていた車をどう処分するかがひとつのポイントとなります。

 

簡単に言えば中古車買取業者に買い取ってもらうか、ディーラーに下取りに出すか、どちらかの選択となるわけです。この2つの選択肢にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

下取りの場合、車を購入するディーラーに直接車を引き取ってもらうことができるため、手間が省ける点が何よりも魅力です。車を2台置くスペースを持っている人は少ないでしょうし、逆に車を買い取ってもらってから新しく購入するとなると、車を持っていない時間が発生することになります。仕事などで車を使用する場合にはこの点は大きなデメリット。下取りの場合はこの問題がなくなります。

 

下取りの場合は、新たに購入する車の価格から下取り金額を差し引く形となります。そのため支払う金額を少なくできる点も大きなポイントです。できるだけ支出を抑えたいと思うのはだれでも同じこと。また、同じ予算内ならできるだけよい車を購入したいと思うのも同じ。下取りの場合はこの点においても有利になるのです。

 

一方、車買取の場合は一度車を買い取ってもらう作業が必要となりますが、その分時間をかけて、もっとも高い車査定を行ってくれるところを選べるというメリットがあります。

 

下取りの場合は購入がメインですから、下取り価格が高いところを比較検討する余地はほとんどありませんし、実際問題として下取り価格に不満があっても交渉する余地もありません。車買取の場合は納得がいくまで交渉することもできますし、時間さえかければ複数の業者に依頼し、もっとも高い価格をつけてくれるところを選ぶこともできます。

 

現金を受け取ることができる点に、魅力を感じる人も多いでしょう。下取りは購入価格を少なくできる点が魅力ですが、車を引き取ってもらった実感があまりわきます。それに対して車買取なら、買い取り価格を現金で受け取ることができるので、よりありがたみを感じる面もあるのです。こうした違いを把握したうえで、車査定を利用するかどうかを検討してみてはいかがでしょうか。

 

車買取業者のガリバーについての感想を記載しています:ガリバー 査定