車を賢く売買する交渉術とは?

車を売りに行くときであっても、買いに行くときであっても交渉することはとても大切になってきます。ふだん交渉することになれていない人であれば、八百屋で野菜を買う時でも一言「マケテ」という練習をしてもいいのかもしれません。

 

まずは意思を伝えることがとても重要になります。ただし車の営業マンの方から「今日買っていただけるのであればいくら値引きいたします」と何もいわなくても値引きをしてくれるところもあります。

 

その理由ですが、早くこの車を売りたいというのが一番ですが、それだけ値引きしても利益は十分確保されていることが把握できます。ということで、真の値引き交渉というのは、ここから始まると言っても過言ではありません。

 

たとえばこの営業マンですが、特に今日でなくても他のお客さんに対していくら値引きしますと言っているはずなのですから。

 

値引き以外にも○○という設備をおつけしますであったり、店長にここまでの値引きを交渉してきますというクロージングが一般的になっています。ご自身の経験から、そういうことがあった!と思いだす人もいることでしょう。

 

特に関しては、営業マンのクロージングというものはだいたい決まっているような気がします。価格がだいぶ低くなるものを例に挙げますと、家電製品なんかありますよね?

 

最近はヤマダ電機などで、アマゾンよりも安くするというキャンペーンを実施していた時期もありました。本当に安かったです。このように、この価格なら安いとご自身で判断できるのであれば、それに越したことはありません。

 

しかし車となると、すぐにこの価格が安くてお買い得ということが分からないと思いますので、まずは口頭の価格ではなく・しっかりと見積もり書をだしてもらいましょう。

 

さらに調べられるのであれば、他社メーカーの同じような性能の車の価格と比較したり、他の販売店のチラシなんかも参考にするといいでしょう。一般的に、「どのお店で買っても、価格は統一しているので」というマニュアル的なことを言ってきますが、実際は店舗によって方針も異なっています。

 

一番の注意点は、今日であればいくら値引きしますというように、購入を急がせる言葉に乗ってしまうことです。ただし買う本人が納得できる買いものであると判断した場合はその限りではないでしょう⇒ガリバーで査定