事故歴・修理歴のある車の査定について

車を売却する場合に悩みの種となるのが事故歴や修理歴がある場合です。事故車、故障車の場合は、「引き取ってもらえるだけでもありがたい」と開き直った状況で車査定に出すことができますが、修理して使い続けてきた車の場合はできるだけ高く査定してもらいたいものですし、過去の事故・修理歴が車査定のマイナスになってしまうのは望まないでしょう。

 

事故歴・修理歴はどのような扱いを受けるのでしょうか。それを知る前に、まず「事故車」とはどのようなものなのかを把握しておく必要があります。事故を起こした車といってしまえば簡単ですが、車業界では基準となる定義が設けられており、「事故や災害によって車の骨格に当たる部分を損傷した車」となっています。

 

具体的には、損傷した部分を修理、交換した車が事故車として扱われるわけです。ですから、どこかにぶつけてミラーやバンパーなどを破損させてしまった程度では、事故車としては扱われないのです。そのため、必ずしも事故の経験があるからといって、事故車と判定されるとは限りません。

 

車査定に出す際には、事故歴・修理歴は正直に伝えるようにしましょう。業者もプロですから、修理したことでマイナス査定になる部分とならない部分の区別はしっかりと行います。また、事故歴を隠しても、プロの目でチェックすれば必ずバレてしまいます。

 

スタッフの心象が大きく左右する面がありますから、都合の悪い部分を隠していれば、心象はどうしても悪くなりますし、「他にも隠しているところがあるのではないか」と疑心暗鬼になり、プラス要素を評価してもらえなくなってしまいます。

 

こうして見ても、事故を起こしたことがあるからといったことを必要以上にマイナスに捉える必要はありせんし、なんとかごまかそうと努力しても意味がないことになります。過去を正直に伝えたうえ、業者の判断に任せるようにしましょう。マイナス点を隠そうとするよりも、他のプラス点をアピールした方がよほど有利になってくるのです。